「ゴールドサポーター」カテゴリーアーカイブ

医療法人 アイブイエフ詠田クリニック


いかに安心して
治療に
臨んでいただけるのか
いつも考えています

医療法人アイブイエフ詠田クリニック
詠田由美先生

 

1999年、福岡市に不妊治療専門クリニックをオープンして20年。以来「チームワークを大切にし、毎日スタッフとのディスカッションを欠かさずに続けてきた」という詠田由美先生。
趣味を楽しんで気持ちを切り替えるなど、
妊活のヒントも教えてくれました。


小学生のときの夢は「科学特捜隊に入ること!」

福岡県大牟田市で生まれ、北九州市で成長し、18歳からは福岡市で暮らしています。
子どもの頃は好奇心旺盛で、外でよく遊んでいました。学校から帰ると、すぐにランドセルを置いて外に飛び出し、近所の友人とドッジボール、ゴム飛び、縄跳び、鬼ごっこなど、何でもして遊びました。
小学生のときには、「ウルトラマンをサポートする科学特捜隊になりたい!」と本気で思っていました。しかし、その条件が「小学校の通知表がオール5であること」となっていたんです。
走ることが苦手で体育は✖️、子どもの頃から声がハスキーで音楽が✖️、科学特捜隊はあきらめました。その後は、明確な「なりたい職業」はなかったですね。

映画「日本沈没」がきっかけで医学部を志望

高校時代は社会や経済に興味があって、慶應義塾大学の経済学部を志望し、受験科目である英語・数学・社会の勉強に力を入れました。
ところが、映画「日本沈没」を見て、「東京で地震に遭ったら怖い!」と思って、東京に行くのをやめ、地元・福岡に残ることにしました。勉強してきた受験科目を生かすなら「医学部がいいのでは」という先生のすすめに、「なるほど」と思って医学部を受験しました。
実は父が産婦人科医なのですが、だから医師になろうと思ったこともなければ、逆に避けたこともありませんでした。
「医師になる」と決めたのは、医学部に進んでからです。
人の体のしくみの基礎はもちろん、生物学や解剖学など、どの勉強も面白くて。受験や国家試験のための勉強ではなく、興味を持って学ぶことができました。そのおかげで、現在も治療に関するヒキダシが増えました。
たとえば卵巣であれば、内科的、外科的、病理など、さまざまな領域が関係しますが、そうした多方面の視点から考えることができます。

女性でも手術に携わる機会が多い産婦人科へ

米国生殖医学会議に参加したときの写真。生殖医療に携わって30年を迎えます。
大学5年の臨床研修の頃から外科系を目指していましたが、6年生の研修がすべて終わったとき、女性でも開腹手術に携わる機会の多い産婦人科に進むことを決めました。
生殖医療については、研修医の頃に日本初の体外受精児の出生報告を学会で聞き、「どうしてもこの領域に進みたい!」と考えて、今に至ります。大学で10年ほど生殖医療に取り組み、1999年、福岡・天神にアイブイエフ詠田クリニックをオープンしました。

10年前にクラシックバレエを再開
何歳になっても進歩できると実感

体を動かすことが大好きで、小学生から大学生まではクラシックバレエ、高校はバレーボール、大学はテニス、結婚後は家族でスキーを楽しみました。すべてのスポーツは40代後半で終了し、10年前からクラシックバレエを再開しました。
小学生で始めたクラシックバレエは、中学生からは舞台にも出演しました。大学時代は勉強が大変でしたが、それでもバレエを続け、一緒に舞台で踊ったその頃の仲間とは、今も思い出話に花が咲きます。
しかし、医師になって2カ月経った頃、当直が始まったときに、これは両立がむずかしいと感じ、やめました。
10年前、約20年ぶりにバレエを再開しました。仕事帰りにスタジオに寄るのですが、好きなことをするのはリフレッシュしますね。
以前は怖くてできなかった動作が、テクニックが上がってできるようになるなど、毎回のレッスンで発見があります。そして、また舞台に立つようになりました。舞台は皆で力を合わせてつくり上げるのが本当に楽しいのです。
スタジオでいっしょに踊る仲間の中には、私の仕事を知って「治療していました」と告げられる方もいます。
お子さんを授かるという願いは叶わなかったけれど、気持ちの整理をされて、人生をいきいきと楽しむ姿を見ると、私もうれしくなります。

10年前からクラシックバレエを再開し、舞台にも立っています。

職員間のコミュニケーションが安全な医療につながる

患者さまが妊娠されて、元気に赤ちゃんを出産されたという報告を聞いたときには、喜びとやりがいを感じます。
しかし、どんなに患者さまとともに努力しても、すべての方に妊娠という結果が出せないことは、この仕事のむずかしいところです。現在の科学では妊娠のしくみが100%解明されていないことに憤りを感じます。
日々の診察では、患者さまとのコミュニケーションを大切にしています。生殖医療のプロフェッショナルとして、いかにわかりやすく、身体や治療のことを伝え、安心して治療に臨んでいただけるのか、それをいつも考えています。
クリニックの自慢は、職員のチームワークと明るさ。1日100人前後の方が受診されますが、受付、ナース、コーディネーターなど、スタッフ全員が患者さまを知っています。
そのために、日頃から部署間でお互いの仕事を理解することに力を入れています。円滑な職員間のコミュニケーションは、ミスのない安全な医療につながるからです。

不妊治療をしている人、妊活中の人に伝えたいこと

自分自身の身体のことをよく理解して、カップルに合った治療を選択してください。インターネットの情報に振り回されて、ご自身の治療を見失わないように!
そして、妊娠反応を最終目的にせず、しっかりとした母親をめざしてください。
また、妊活中は、体を動かしたり趣味を楽しむなど、好きなことに熱中する時間を持ちましょう。仕事や治療から気持ちをパッと切り替えて、ストレス解消やリラックス、リフレッシュすれば、また仕事や治療にも向き合えますよね。
運動であれば汗をかいてすっきり、体が疲れるので、夜はぐっすり眠れます。

PASサポーターになったきっかけ、Fineに期待すること

不妊という体験(つらい経験も含めて)を経験された方々の集まりだからです。患者さまに共感し、最も適切なアドバイスを行なってくださるFineの皆さん、私も何かお手伝いができればと思い、PASサポーターになりました。

 

HP:http://ivf-nagata.com/

山下湘南夢クリニック

患者さんの夢を叶えることが
自分の夢を叶えること

 

医療法人社団 煌の会
山下湘南夢クリニック院長  山下直樹先生

 

2009年に神奈川県藤沢市で開院した山下湘南夢クリニックは、研究成果で国際特許を取得するなど、生殖医療に貢献されています。20年以上にわたり生殖医療に携わる
院長・山下直樹先生の素顔は?

 


子どもの頃の夢は船乗りになって世界中を旅すること

 

生まれは石川県金沢市です。小学生の頃の夢は、船乗りになって世界中を旅すること。地図が好きで、どんな所なのか、どこに行こうか?と思いを馳せていました。
大人になってからも旅行が好きで、2017年には屋久島の縄文杉に会いに行きました。5時間を超えるトレッキング、霧のベールをまとった縄文杉が厳かに目の前に姿を現したとき、長年の夢が叶った瞬間でした。
旅行や運動など動くことが好きで、ひとつの所に留まっているよりも、自ら動いて見聞を広げていくのが自分には合っているようです。

医師を目指したのは、母親の影響です。私は二人兄弟なのですが、母は二人の息子を「一人は弁護士、一人は医師にしたい」という望みがありました。兄が法学部に入学したので、私は医学部を志望しました。
夢を持って息子たちを応援する母の姿に応えたい、と思ったのです。

 


産婦人科医になって15年目の転機

医師になって最初は整形外科を担当し、その後、病理検査や研究に携わりました。
しかし、再び臨床に戻ろうと考えて、動きのある明るい科がいいなと思い、これから誕生する人たちに接する産婦人科を選びました。
産婦人科医になって15年目、金沢赤十字病院産婦人科診療部長の職に就いていました。進行性のがんやハイリスクの分娩も多く、責任が重く、心身をすり減らすことが多い毎日でしたが、それなりにやりがいもあり、安定した生活を送っていました。
しかし、「本当にこのままでいいのだろうか?」と自問する日々でもあったのです。
当時の産科婦人科学会では、がん関係が主流の課題で、生殖医療(不妊治療)はほんの脇役だったのが、体外受精の成功で脚光を浴びるようになってきました。
命を延命するがん治療や出産をサポートする産科治療が意義深いのはもちろんですが、新しい生命誕生の手助けをし、挙児を希望されるご夫婦の夢を叶える生殖医療が、当時の私には曇り空に射す一筋の光のように思えたのです。
今まで築いてきた仕事と生活にピリオドを打ち、生殖医療を人生のライフワークにしようと決意しました。周囲の人々に迷惑をかけ、自分のわがままで新しい道を進むのだから、失敗は許されないし、この道で一流になるしかないと思いました。
当時、世界の生殖医療をリードしていたオーストラリア・メルボルンのMonarch大学へ研究研修医として単身渡航する準備を進め、渡航前に日本の不妊治療の先頭を走っていた3施設を見学させていただきました。
そのうちの一つの院長から「うちで勤務したらどうだ」と電話がきたのです。
この一本の電話が、私の人生の分岐点となりました。
ありがたさと未来を感じた私は、渡航をやめ、東京で生殖医療を学ぶ道を選び、現在に至ります。

 

念願の屋久杉に会った、屋久島の旅。

 

 


研究に着手し、国際特許を取得

 

一般的に日本の医療やサイエンスは、欧米に学び、それを取り入れてきました。しかし、人種や宗教、文化等が違うのですから、日本や東洋に合った医療があるはずです。
海外の医療が最善とは限らず、他にも方法があるのでは。
そう考え、研究にも携わっています。現在は、クリニックに高度生殖医療研究所を併設し、2名の専属研究員が研究を行なっています。
研究の成果として、極少数精子凍結コンテナ「MAYU」の開発で国際特許を申請中です。
精子の数が極端に少ない場合の精子凍結では、解凍したら精子が見つからなかったというケースがあります。
また、精巣腫瘍の方の採精や、白血病などの抗がん剤治療の前に精子を凍結して将来に希望を託すという方には、確実に精子を保存できることが重要です。
そうした場合にも対応するもので、蚕の繭(まゆ)からネーミングしました。
また、培養スタッフは、培養容器などに貼るラベルから揮発性物質(ガス)を出さないためのラベルを開発。培養成績の向上につながっているとともに、特許を取得し、販売もされています。

 


仕事帰りには水泳でリフレッシュ

 

一日の中でホッとする時間は、仕事の後に泳いでいるときです。夕方、フィットネスクラブに寄って、1時間半ほど無心で泳ぎます。
仕事からプライベートタイムへの気分の切り替えでもありますね。
また、楽器も好きで、学生時代はギター、6年ほど前からチェロも手にしています。いつか仕事を辞める時がきたら、チェロで「夢のあとに」を弾けたらいいなと思っています。
楽器が弾けると素敵だと思い、努力するものの、聞いた人に喜んでもらうには、プロ並の実力が必要だとわかりました。
音楽の分野では自分に才能がないと認識したので(笑)、仕事で人の夢を叶えます。
患者さんの夢を叶えるお手伝いができることに、やり甲斐を感じます。
それは自分の夢を叶えることだからです。
人ができることには限りがあります。
だから、思い上がってはいけないし、最善を尽くして、うまくいったら感謝する。
やるだけやったなら、あとは運を天にゆだねて、たとえ望む結果でなかったとしても、くよくよしないことです。
全ての人を幸せにはできないけれど、自分の周りの人にはハッピーになってほしいと思い、患者さんやスタッフに接しています。
先日、テレビ番組で不妊治療に関する特集があったので、それを見てどう考えたか、自分の考えを書いて提出する課題をスタッフに出しました。
受付やナース、培養士など、全分野のスタッフが対象で、上位3名には記念品を贈りました。それぞれの立場で考え、発信することは、学びであり、患者さんへの対応にもつながっていくと思います。

 

生殖医学会に仲間と発表しに行ったときの1枚。

 

 


不妊治療や妊活をしている人に伝えたいこと

 

情報に流されず、正しい情報を得て、自分で考えてください。
でも、子どもを持つということは、あなたがあれこれと考えるほど、むずかしいことではないと思います。
ジャンプする前に、膝の曲げ方、腕の振り方など、一つひとつ考えこんでしまっては高く飛ぶことができません。
無心になって、思い切り飛び上がると、新しい視野が開けて、今までと違う自分に出会えるかもしれません。

Fineに期待すること

 

FinePASサポーターになろうと思ったきっかけは、不妊や不妊治療についての周知、啓蒙活動が重要だと思うからです。
このまま情熱を持って、活動を継続してください。

 

 

HP:http://www.ysyc-yumeclinic.com/

明大前アートクリニック

クリニックでは、朝の始業前にコーヒーをネルドリップで淹れています

 

人生をかけて治療する患者さんを
真剣にサポートしたい

 

明大前アートクリニック院長 北村誠司先生

 

総合病院や不妊治療専門クリニックで、約30年にわたって不妊治療に携わってきた北村誠司先生。一人ひとりの患者さんに向き合う理想の診療を目指して、2018年2月に東京・明大前に明大前アートクリニックを開院しました。


子どもの頃、歯科医なろうと思った。
母の歯を治してあげたかったから

小学生の頃は足が速いのが自慢で、野球やサッカーに明け暮れていました。当時の男の子の多くが憧れたように野球選手になりたかったのと、歯科医もいいな、と思っていました。おふくろが歯が悪かったので「それを治してあげたい、喜んでほしい」という思いからです。
しかし、小学校高学年になって中学進学を考えたとき、いくつか検討した志望校には歯学部がなかった。そこで両親の勧めもあり、医学部がある慶應義塾普通部を志望しました。医師といっても、まだ漠然としたイメージでしたね。

医局の雰囲気が好きで産婦人科へ。
命を生み出す医療に出会い、「自分の道はこれだ!」と確信

慶應義塾大学医学部6年のとき、外科や泌尿器科など、さまざまな診療科で臨床実習をしました。産婦人科を選んだのは、医局の雰囲気がとてもよかったからです。楽しくて優しい先生が多かったですね。
医師になって2年目に、重症患者さんに対応する3次救急病院に赴任しました。がんで治療をしても治らずに亡くなる方々に向き合い、医師として無力感に襲われました。そんなとき、産科で新しい命の誕生に触れると、気持ちが癒やされることが多かったですね。
その後、赴任した済生会中央病院は、当時、東京で体外受精を行なっていた三つの施設のうちのひとつ。そこで、精子と卵子という細胞から命を生み出す生殖医療に出会い、「自分の道はこれだ!」と確信しました。その後荻窪病院、その不妊治療部門である虹クリニックを経て、20182月に明大前アートクリニックを開院しました。トータルで約30年、生殖医療に携わっています。
病気を治療してよくなるのは産婦人科も他の科も変わりませんが、生殖医療が他科と違うのは、「新しい命を生み出す」こと。そのお手伝いをして、患者さんの期待に応えることが、この仕事のやり甲斐であり、醍醐味ですね。

 

行きつけの居酒屋の前で。休日は自転車で多摩川沿いをサイクリングしています。

日本酒が好きですが、
万全の体調で診療にのぞむために飲むのは休日前だけ

日常でホッする時間は、お酒を飲んでいるときです。日本酒やワインが好きですね。特に日本酒は、複雑な味や香りを楽しめるところがいいですね。でも、飲むのは休みの前日だけです。
万全の体調で仕事をするために、平日はお酒を飲まずに就寝します。体調がよく、心身に余裕がある状態で診察できれば、患者さんの様子を深く読み取ることができ、気づいたことがあれば対策もとれます。
患者さんは人生をかけて治療をしていると思うので、こちらも真剣に、命がけで治療にあたります。

朝はコーヒーを飲みながら診療の準備をするのが日課。
患者さんのために、できるだけのことをやりたい

朝は7時頃にクリニックに出勤して、ネルドリップでコーヒーを淹れています。患者さんが来るまでの間、コーヒーの香りの中で仕事の準備をするのが日課です。クリニックにはコーヒーグッズもいろいろ揃えていますよ。
クリニックはワンフロアで、患者さんとスタッフが接しやすいと思います。患者さんのためにはできるだけのことをやろうという姿勢で、男性不妊には専門医が対応し、また心理カウンセラーに相談できる態勢もととのえています。

不妊治療や妊活中の人に伝えたいこと

ご自分たちの納得のいく治療を進められるとよいと思います。そのためには、自分たちの希望を、しっかりと医師に伝えることが大事です。わからないことは、医師やスタッフに遠慮なく聞いてください。
患者さんが声をかけやすいように、私たちスタッフは日ごろからコミュニケーションをとることが大事だと思っています。そのきっかけになればと、自分のブログでは食事やサイクリングなど、プライベートの話題も書いています。家族を話題にしたときには、妻に注意されることもありますけれどね(笑)。

PASサポーターになったきっかけ、Fineに期待すること

Fineが取り組む活動に共感する部分があったから、PASサポーターになりました。これからも、不妊治療患者さんたちの道しるべとなってほしいですね。

明大前アートクリニック
HP:https://www.meidaimae-art-clinic.jp
ブログ:https://ameblo.jp/kitasama8612/